販促品に差をつけろ!クリアファイル制作業者比較

クリアファイルの販促物の制作業者の比較

クリアファイルは、企業の販促ツールとして需要が高いです。学生から社会人、主婦でも、大事な書類を入れて持ち運びするのに便利と利用されています。制作業者は、自社の強みを出そうと差別化に努めています。どこの制作業者に依頼するか比較して判断すると良いでしょう。

通常クリアファイルで人気のサイズがA4です。A4サイズは、あらゆる書類に多いサイズで、鞄にも入りやすいからです。最近は、小さい鞄にも入りやすいB5サイズのクリアファイルを作る制作業者もあり、人気が出ています。

その他、マスクを入れる用に変形サイズを作り差別化をはかるところもあります。印刷は、基本的には、透明のファイルに白地を敷き、文字やデザインを印刷します。コストを抑える場合は、透明のファイルに直接印刷をする場合もあります。目的や予算に合った制作業者をパートナーとして選択することが大事です。

大同紙工印刷株式会社

オススメ度
★★★★★
満足度
★★★★★
サービス
★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★★
公式サイトはコチラ

大同紙工印刷株式会社のクリアファイルは、目的やその対象、予算などの要望から最適なものを導き出し、商品サンプルを作製し、提案してくれます。お客様と顔を合わせて話すことを重要視しているため、信頼関係も深まります。

企画から納品まで、すべて社内一貫の生産ラインで、きめ細かく素早い対応が可能な為、希望に合ったクリアファイルができます。使いやすいクリアファイルは、仕事やプライベートで使用するときに気持ちよく利用できます。

大同紙工印刷株式会社では、商品を実際に印刷する前にインクジェットプリンターで試作が出来ます。複雑なデザインや、組み立て商品は試作で完成状態が見ることが出来るので安心です。

平林印刷株式会社

オススメ度
★★★★★
満足度
★★★
サービス
★★★★★
掲載量
★★★
使いやすさ
★★★★
公式サイトはコチラ

平林印刷株式会社は、その名の通り印刷サービスを提供している会社です。パンフレットやDM、ポスター、チラシなど様々な媒体に印刷してもらうことができます。例えば、クリアファイルに印刷をしてもらうこともできます。

クリアファイルを広告として利用したり、ノベルティーとして利用する会社もあるのではないでしょうか。この会社では、ノベルティーの企画をしてもらうことができますので、良いデザインのクリアファイルを作ってもらうことができるのではないでしょうか。

また、発送代行サービスも行っています。ですので、印刷をしてもらってそのまま送付したい相手に発送をしてもらうことができます。ですので、とても便利ではないでしょうか。

ボラネット

オススメ度
★★★★
満足度
★★★
サービス
★★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★★
公式サイトはコチラ

クリアファイルは特殊印刷のため製作に時間がかかります。しかしボラネットではクリアファイルのみの専門の印刷ラインとスタッフを有しているので、高品質のものを効率的に作製し、スピーディーな納品が可能になっています。

ボラネットは難易度が高いと言われているクリアファイルへ、ハイブリッドスクリーニングと呼ばれる高精細印刷を行い、写真画質でデザインをすることができます。また素材もスタンダードなものから、ツヤを抑えたマット、透明度の高いピュアなど7種類から選択できます。

熱で素材を溶かす溶熱溶着では接着力が弱く耐久性に問題がありました。しかしボラネットでは分子レベルの振動で接着する、超音波溶着を採用しているので従来のものより剥がれにくくなっています。

印刷通販@グラフィック

オススメ度
★★★
満足度
★★★★
サービス
★★★
掲載量
★★★
使いやすさ
★★★★
公式サイトはコチラ

印刷業者はいつの時代でも溢れかえっていますが、従来と大きく変わったのは印刷をする対象物です。紙やノベルティー関係の網羅は今の時代ではそう珍しくありませんし、かつ安く速くを当たり前のように求められます。

これらいずれかが欠けても印刷業者として生き残るためにはネックになってしまいます。印刷通販@グラフィックでは、外に出店せず名前の通り通販のみの販売にすることで低価格を実現し、データ入稿するだけの簡単印刷注文、そして納品スピードも速いです。従来の印刷業者にはなかった印刷対象物の中にはクリアファイルへの印刷、スマホカバーへのインクジェットプリントなど異色なプリントも対応しています。

安く速く高品質を求めるのであれば印刷通販@グラフィックにお任せください。まずはサイトに掲載している取り扱い商品の数の多さに驚いてください。品質も求めるとこまで求められますので、ビギナーからプロフェッショナルまで利用してもらうことができる印刷業者となっています。

ジャストコーポレーション

オススメ度
★★★★
満足度
★★★
サービス
★★★★★
掲載量
★★★★
使いやすさ
★★★
公式サイトはコチラ

記念品やノベルティグッズとしても人気のクリアファイル印刷をご検討中の場合は、こちらのサイトを使いますと、効率的に依頼先を選べます。このサイトはクリアファイルの比較サイトのため、カラー印刷などを申し込める業者が多彩に掲載されています。

福井県に本社を置く株式会社ジャストコーポレーションは、この比較サイトにも掲載されており、国内最安値を目指してくれている会社です。そのため、コストを抑えたい時に適した申し込み先となっています。また、価格表にない大ロット印刷も可能となっており、柔軟に対応してくれることが特長です。

株式会社ジャストコーポレーションは、プライバシーマークを取得していることも魅力の1つです。大切な個人情報を適切に取り扱ってくれますから、クリアファイルの印刷を安心して頼めます。そして、営業時間は平日9時から18時であり、土日と祝日が休業日になっています。

クリアファイルダイレクト

オススメ度
★★★
満足度
★★★
サービス
★★★★
掲載量
★★★★★
使いやすさ
★★★★
公式サイトはコチラ

クリアファイルダイレクトはネット通販で、クリアファイルなどを販売している会社です。会社のホームページ上から、作成したいクリアファイルのデータを入稿し、そのデータを会社がチェックして問題がなければ製造します。

注文者の要求に応じて、オリジナルのファイルを提供できます。また「名入れファイル」は、会社名などの名入れを金銀のような光沢のある色で印刷する「箔押し印刷」や、つやつや感や光沢のないマットな質感で会社名などの名入れをする「シルク印刷」のファイルも販売しています。

クリアファイルダイレクトの商品は入金を確認してから発送されますが、送料は北海道、沖縄、一部地域を除き無料で行っています。また、ファイルは100枚から注文できます。

クリアファイルにも種類があります

 クリアファイルは大切な書類を保管するために使ったり、整理のために使う場面があります。そのため、多くの人は数枚持っています。そして、厚さに関しても、一般的なもので0.2ミリのものやチラシの配布などに使いやすい薄いタイプの0.15ミリのものなどがあります。それ以外にも0.3ミリもあり、これは手に持っただけで厚いと感じるほどですが、耐久性もあり折れたり汚れては困る重要な書類を入れておくには重宝します。
そして、サイズもA4の他に、A6からA3など豊富に販売されています。そのため、使用目的に応じて選ぶことがポイントです。しかも、業者に依頼をすることでオリジナルのデザインをプリントしてもらうことができます。そのため、販売促進用や社内用などに使うことができます。そして、色に関しても、透明から半透明や緑や黄色などのカラーバリエーションも豊富にあります。


幅広い分野に需要があるクリアファイル

 クリアファイルは幅広い場面で利用されています。個人や職場などの他、学校や地域活動など多様な場面で活用されています。クリアファイルのメリットは簡便さにあり、中身の取り出しやすさや取り出さなくても中身が見えるなど便利とされています。中身を保護するにも適していて、汚れなどの予防や穴を開けるなどの必要なく一つにまとめられる点も魅力です。一方でクリアファイルの表面に宣伝をプリントして配布する例があり、安価で需要が多いものであることからその効果も期待されています。
耐久性は進化を続けていて、破れにくいなど丈夫なものが増えて来ています。更には使用感も配慮され、手触りの良いものや中身を取り出しやすくしたものなど発展的です。種類もハードやソフトの他に、色付きやデザインなど華やかなものも増えています。サイズも種類が増えてきており、鞄に入りやすいミニサイズなどもあります。更にはカードなどが入るポケット付きなど、便利さが増したものが目立ってきています。


クリアファイルを販促に使用するメリット

 企業にとって販促物というのは非常に重要な部分です。そうした場合にクリアファイルは有効活用できます。理由は、まず伝えたい事項を大きく印刷することができるからです。例えば、小さな販促物だと名入れ印刷したとしても見にくくなったり、印刷できるのは社名と電話番号くらいしかできなかったりします。
しかし、クリアファイルであれば必要な事項を大きく印刷できます。また、費用面でもかなり負担が少なくて済みます。印刷枚数によっても違いがありますが、本体の料金を含めたとしても、十数円からの低料金で製作することが可能なので、費用を抑えて宣伝したいと思う企業にとっては最適な商品だと言えます。使用してもらえるという点もメリットとして考えられていて、ストラップやキーホルダーなどとは違い、企業であれば必ず使用するものになるので宣伝効果が高いです。

ページトップへ