販促品に差をつけろ!クリアファイル制作業者比較

ホーム > クリアファイル情報 > 少部数で始めるクリアファイル印刷

少部数で始めるクリアファイル印刷

 クリアファイルを依頼して印刷をしてもらうとなると、100枚単位などでないとコストがかかるという面がありました。しかし、最近は印刷機の改良によって、少部数でもコストを抑えられるようになりました。そのため、30枚など希望する枚数で作ってもらえるところが増えているのですが、提供している業者が限られているため、その点は料金も含めて確認をする必要があります。最近の傾向としては、インターネット上で依頼をして、データを送り印刷してもらうというのが、少部数では一番安い方法です。そして、気になる品質ですが、フルカラーで作ることができ、データに沿って色合いなども忠実に再現されます。注意点としては、クリアファイルにも種類があり、厚さが薄いものでは色合いがうまく表現できないこともあります。そのため、サンプルを提供しているところもあり、そちらを利用することによって品質を確認できます。

 データの入稿に関しては、メールや専用のフォームからアップする方法になります。そして、データの形式はいろいろと選ぶことができます。その中で、Photoshopやillustratorはテンプレートが用意されていることが多く、それに当てはめることによってきれいにレイアウトすることができます。しかも、業者としてもデータの変換をしなくてもいいためメリットがあります。そして、データ作成にあたって文字などの線の太さや写真や画像の解像度の指定もあるので、注意しなければなりません。そして、提出するときには間違いがないようにPDFでも送信をお願いされることもあります。ちなみに、多くの人がPhotoshopやillustratorのソフトを持っていないこともあり、JPEGなどの画像ファイルにも対応しているところがあります。

 最近は、個人でもイベント用などに少部数で依頼をする人も増えていて、スマホやデジカメなどで撮った写真をアップするだけで作れるというところもあります。もちろん、簡易的なため本格的に構成をしてもらい作るものとは違いが出るものの、きれいに作ることができます。しかも、翌々日に納品をしてくれるところもあり便利です。例えば、30枚作るとして12000円ほどで依頼ができ作ってもらうことができます。ちなみに、片面印刷だけでなく、両面印刷も対応してくれるところもあり、少しこだわりたいという人も利用する価値があります。特に、自分で画像編集をして文字などを入れることによって、特別な加工などをしてもらう必要がないため、料金も抑えることができます。そして、業者によって金額や入稿の仕方が変わるので、その点は比較をして決めることが大切です。

次の記事へ

ページトップへ